温もり

 

「寒い」

 

ついもれてしまったつぶやきを彼は聞き逃さなかった。
「オープンカフェでアイスクリームなんて食べてるからですよ。」
この寒いのに。そう呟く彼を横目でにらむ。
だってあそこのバニラは絶品なんだもの。
そう反論しようとしたら彼にすっぽり抱きしめられた。
「少しはあったかいでしょう?」
確かにあったかいけど。
それ以上に身体の内側から熱くなるようで。
あわてて「手が冷たい」と言ったら
大きな手が私の手を包み込んだ。
「顔も。風に当たってたから…」
今度は少し確信犯。
彼はどうしてくれるだろう?
次の瞬間、感じたのは頬にかかる息とさらに熱くなる体と。
続けて時が止まったような静寂

「唇も冷たいですよ。」
「だから!さっきアイス食べたから!!」

伝わった温もりはコーヒーの香りがして、
余韻はバニララテのようだった。


 

 

街デートのワンシーン
よく見ると飯ビーという記号は何一つ入ってない。
でも、飯ビーを想定して書いたから飯ビーなの!と主張しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO