恋ノウタ


「くしゅんっ」

テトムのくしゃみで笛が途切れた。
「あまりここにいると風邪を引く。もう、戻った方がいい。」
「ええ。シルバーも。」
「俺は…」
「ずっとここにいたら雪に埋もれてしまうわ。ね?」
「ああ。」
腕をとられて、彼女に頷けばやっと時間が動き出したように感じた。
失った時間に殉じるには、彼にはまだやるべきことが多すぎる。
それでも…

テトムの後を歩きながら、
彼はもう一度、雪の黒羽谷を振り返った。

先ほど口に出せなかった詠の続きを呟く。
今はもういない、ムラサキの為だけに贈る返歌を。

「………」

それは1000年の彼の想いを弔う恋の詠。
誰にも知られることなく、雪の谷に埋もれていく。


「シルバー?」

立ち止まってしまった彼に、テトムが気付いた。
自分の知る名で彼を呼ぶ。

今の名を呼ぶ声に、彼は踵を返してその場を後にする。
あとはもう、彼が後ろを振り返ることは二度となかった。

***************


『白銀の衣に替えて黒羽谷 だれのためにぞ装うべきかな』


今年もまた、黒羽谷は雪に被われて白銀に輝いています。
誰の為に雪化粧するのでしょうか?
(あなたはもういないというのに)

**

返歌


世の中は1000年の間に変わってしまったが
黒羽谷は昔と変わらず美しいままです。
それでも昔の方が美しかったと思うのは、隣にいたあなたがいないせいなのでしょう。

 

一応返歌も考えてみたんですけど、
文法がね…あまりな出来だったので却下。
紫の和歌だってめちゃくちゃだけどさあ(泣)
実家に古語辞典取りに行ったら影も形も無いんですもの。
そりゃ、確かに日常使う辞典じゃないからしかたないとは思いますけど(苦笑)

銀紫バージョン。
シルバー女々しいです(爆)


 

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO