ジーンズ

 

「ただいま」
「お帰りなさい。」


いつもと同じやりとりの中、
なんとなく彼女に違和感を感じた。
あ、そうか
「それ、僕のジーンズ?」
「ん…2ヶ月だって。」
一瞬の間。
すぐにその言葉の意味に気付いて彼女を凝視する。
嬉しそうに微笑む彼女と目が合った。
僕のだぼだぼのジーンズを履いた彼女は
どんなドレスアップした時よりも輝いていて、とても奇麗だと
僕はそう思った。 

 

従妹の実話をふまえつつ。
いつまでたっても恋人みたいだといいよね。

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO